知っているようで知らないヘルペスの特徴と気をつけることとは

病気も1度なってしまうといろいろな知識を得ることもあります。こういうことでうつるとか予防はどうしたらいいとかわかってくるものです。

しかし、病気のなかには1度かかってしまうと、ずっとつきあわないといけないものも多く、そうなるといろいろな面でも大変になってしまいます。
やはり病気については、ならないこととあらかじめいろいろと知っておき、予防することが大切と言えます。

 

特にウイルスによる感染症は知られていない

ウイルスが病気を起こすことは誰でも知っているでしょう。しかし、具体的にこのウイルスがこんな病気を起こすとか知っている人はあまりいないでしょう。

しかし、ウイルスよる病気やその影響を知っておかないといけない人もいます。特に注意が必要なのは、女性と子どもでしょう。

女性は男性と比べると体力的にも弱く、また月経など体の調子やホルモンバランスも崩れやすいです。そうなると、やはりウイルスによる感染症にもかかりやすかったり、重症化しやすいです。
また子どももやはり免疫力が弱く、感染もしやすいです。

女性は自分の体を守るためと同時に、子どもがいれば子どものためにもウイルスによる感染症についても知っておく必要があるでしょう。
もしも今、妊娠していたら、なおさらウイルスによる感染症を防がないといけません。
感染したことで、赤ちゃんへうつしてしまうかもしれないからです。

 

女性や子どもにも影響しやすい感染症ヘルペス

あなたは、ヘルペスという感染症を知っていますか。
ヘルペスにはいくつか型があり、それぞれで特徴をもっています。

1型とよばれる口唇ヘルペスでは、顔や皮膚に赤みや発疹や水ぶくれを発症します。
発症してから2週間くらいで回復へと向かっていきます。
もちろん、抗ウイルス剤や抗生物質を使うことで、治療することは可能です。

ただし特徴の1つとして、感染しても発症するとは限りません。発症する場合は体力の低下や免疫力の低下が起きているときです。
たとえば、仕事などで疲れがたまっている、食事が不規則だったり、ストレスがたまっている、お酒をよく飲んでいる、風邪などの治療で薬を飲んでいるときなどに急に発症してしまうことがあるのです。
子どもも病気の治療や栄養の片寄りなどで、体力や免疫力低下などで起きてしまうのです。

逆に言うとすでにヘルペスウイルスを保有していることもあるということです。
また、発症してから症状は治っても、再び発症してしまうことがよくあります。重いときには、年に数回発症してしまうなんて人もいるくらいなのです。
再発率が高いのも特徴と言えます。

そして、さらに別の特徴としては、女性や子どもの方が重症化しやすい特徴もあります。これも先の発症の条件とにていて、免疫力などの差がでるからです。
ですので、発症したら女性や子どもの方がより早く治療をしないといけないとも言えるのです。

1型の他にもう1つ、2型があります。これは性器ヘルペスと言われています。

性器ヘルペスはその名のとおり、男性でも女性でも性器にヘルペスウイルスが感染して起こります。
こちらも男性と比べると、女性がヘルペスからべつの病気になりやすく、重症化しやすいと言えます。

 

気をつけることとは

こうしてみると、個人差や性別の差もありますが、重症化しやすいこともあるのも事実です。特に女性や子どもは、普段から免疫力を下げないように睡眠や栄養をとるなどしなければなりません。

また、ヘルペスについてもいろいろと知識をつけておくことが、早い対処へと繋がるのです。

ピックアップ記事

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP