未分類

ヘルペスが治っても安心するのは早いかも。ヘルペスは再発してしまう

健康で生活していきたいと、誰もが願っているでしょう。ところが、病気はいつかかかってしまうこともあります。そして治療に手間も費用も時間もかかるので、本当に大変です。
ですので、治療がおわった、治ったとは嬉しさもひとしおでしょう。

 

性病は誰にも言えない

普通の病気ならば体験談を周りの人に話すこともできますが、性病だと周りに話すことなんてできません。
また、あらぬ誤解を与えてしまうかもしれません。

また、通院しているときも人目を気にすることもあったりと治療期間も大変です。やっと終わったときには、今後は気をつけようと決意をする人も多いでしょう。
確かに性病は、普段の生活の改善で予防できるものも多いのです。

 

ヘルペスの場合の再発の確率は

性病な中には、再発するものもあります。そんな性病の中でも、ヘルペスに至ってはなんと、再発はほとんどの人で起こるとも言われているくらい、確率はかなり高いです。治療が終わってから1年以内もかなりの確率で起こりえます。
中には年に何回も再発と言うケースもあるくらいです。

原因としては、いったんヘルペスに感染してしまうと、なんと完全にヘルペスウイルスを消すことができないからです。
そのため、症状が収まっても、なんらかのきっかけで再発すると言うのです。

ただし、再発をした場合、その症状ははじめての時と比べると症状が軽くなったり、発熱しなくなるなど、初回のときよりも少しずつ症状が変わってくることもあるそうです。

 

治療は再発予防も考える

はじめての発症では、症状の治療を進めていきますが、今後の再発予防のことも考えないといけません。
病院や医師によっては、症状がよくなっても、薬の服用をすすめてくるところもあります。

再発防止についても、医師とよく相談をするようにしましょう。

関連記事

  1. 妊娠中に性器ヘルペスになってしまった場合、どうしたらいいのか
  2. 性器ヘルペスになってしまったときの治療は市販薬でもできるのか
  3. 大人だけでない、子どもはもちろん赤ちゃんもヘルペスになってしまう…

ピックアップ記事

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP